前回の記事の続きです。

パーティションの変更まで完了したら、後はあまり難しくありません。

では早速、今回もやってみましょう!

~インストール編~

1.前回の記事で作成した"Windows用パーティション"を選択してインストールを続行します。
Windows 7 x64-2015-09-13-22-54-18
※今回の場合、"ドライブ0パーティション2"がWindows用パーティションです。
Windows 7 x64-2015-09-13-22-56-06
後は、自動的にインストールが開始されてます。

Windows 7 x64-2015-09-13-15-31-49
これでWindowsのインストールは完了です!

2.Androidをインストールする。
P9120003
前回作成したAndroid-USBを使用してPCを起動してください。
※起動モードはUEFIではない方を選択してください。

Windows 7 x64-2015-09-13-15-36-42
"Installation"を選択して"Enter"キーを押します。

"Please select .... install Android x86 :"の画面では先ほど作成したパティーションのAndroid用の箇所を選択します。
※パティーションをこのブログ通りに作った場合、"sda3"がAndroidパーティションです。

P9120019
"Please select ... to format sda???:"の画面では"ext3"を選択して<OK>を押します。

P9120020
"You chose to format ... to ext3."の画面で<Yes>を選択します。
※これから先、ずっと<Yes>ボタンを選択します。

P9120021
"Do you ... boot loader GRUB?"でも<Yes>を選択します。

P9120023
"The installer found a Windows Partition in ..."の画面も<Yes>を選択します。

P9120024
"Do you ... as read-write?"の画面も<Yes>です。

P9120027
"Android-x86 is installed successfully"となればインストールは成功です。
"Reboot"を選択して、再起動してください。
※USBメモリーは外しても大丈夫です。

これでインストール編は完了です! ^^) _旦~~
次は起動編に行ってみましょう!

~起動編~

起動は非常に簡単です。
P9130054
画像のように、
・Androidを起動したい場合は"Android-x86"を
・Windowsを起動したい場合は"Windows"を選択してください。

~おまけ~
今回AndroidをノートPCにインストールしましたが、タブレット以上にサクサク動いて快適です。
やはりCPUが"Atom"シリーズ"Core i"シリーズでは、まだまだ差が大きいようですね...

おまけでx202eを"Antutu Benchmark"でベンチマークしてみました!
その結果が...
P9140060
こうなりました!
Hi8を大幅に追い抜き、"51536"と"Antutu Benchmark"のランキングでトップでした!

参考で"Chuwi Hi8 & Nexus7"の結果はこのような感じです。
結果1

やはり、ノートパソコンだけあってタブレットよりは性能は高いようです(^^)

しかし"Antutu Benchmark"のランキングを見てみると一応1位ですが、2位の端末との差が"3000"ほどしかありません。

来年にはx202eも1位はとれないですね...(^-^;

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました!m(__)m