今回は、このColorfly B891Wの特徴である衛星GPS+3G”や無線関係のレビューをしたいと思います!

それでは、早速見ていきましょう!

~Wi-Fiの感度編~
まず、B981WのW-Fiカードは”Realtek社のRTL8723BS”を搭載しているようです。
同じWi-Fiカードを搭載しているDellのVenue 8 から仕様を抜き出すと...

IEEE802.11b/g/n

となっていました!

残念ながら先代のタブレット達と同様、5GHz帯には非対応のようです...

スペックがわかったので、電波感度の検証をしてみました!

今までと同様の検証方法で、結果は...

・Wi-Fiルーターのそば : 12Mbps~23Mbps

・Wi-Fiルーターから壁を2枚挟んで10Mほど離した部屋 : 2Mbps~9Mbps

とこのようになりました!

計測してみると、Texclast X89HDよりは速度は安定していました。
しかし速度の割には、Windows上のアンテナ表示があまり良くありません
大体、Wi-Fiルーターから壁を2枚挟んで10Mほど離した部屋で検証していた時のアンテナ表示は2本です。

アンテナ表示良くないものの速度は問題ないレベルなので、アンテナ表示を見なければ特に気になることはありません。

~3G編~
いよいよ、このタブレットの特徴である3G機能を検証したいと思います!
まず、このタブレットの姉妹機であると思われる”Colorfly i898w 3G”から仕様を抜き出してみました!

WCDMA 900 & 2100

このようになっているようです!
一応、Docomoの3G帯に対応しているようです。
今回はテスト用SIMとして、Docomo純正SIMカードを用意しました!
それでは、早速設定をしていきます!

MicroSIMスロットはiPhone用のピンで開けることが出来ます
PB080302



基本的にはiPhoneと同様の手順で差し込むことが出来ました。
PB080304


次に、DocomoのAPNを設定します。

APN設定は以下のサイトを参考にさせてもらいました!

Nexus5でSPモード(spmode.ne.jp)のアクセスポイント(APN)が利用可能に

APNの設定が完了すると、正常にドコモのネットワークに接続することが出来ました!
キャプチャ


それでは、接続できたところで速度を計測してみました。
キャプチャ2

結果は、約2Mbpsと少し速度は少し遅めです。
しかし、テストはDocomoの電波が入りにくい場所で行ったため、実際はもう少し出ると思います。

数値上では、あまり速くありませんが、YouTubeも1080pにしなければ特に止まることなく視聴できました!

~GPS編~
最後にGPSの検証を行いました!
先代タブレットの「Teclast X89HD」は誤差±15kmと使える状態ではなかったですが、今回は...
gps

X89HDとは違い、衛星GPSを搭載しているので誤差±8mとなっています。
ナビとしても使用してみましたが、誤差は殆ど感じられませんでした。

~今回のまとめ~

・Wi-Fiのアンテナ表示は信用が...

・3Gでは大容量の通信を行わなければ、十分快適に使用可能!

・WindowsタブレットでもGPSが搭載されていれば、ナビとして使用可能!


今回は主に無線機能の検証をしてみましたが、中華タブとしては、頑張っている機種だと感じました!
3G+GPSが搭載されていると、Windowsタブレットでも簡単なナビとして使用できるので活用の幅が広がりそうです!

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました!